自宅サロン開業の落とし穴 失敗しないために

香水

自宅サロンは簡単に始めやすいけれど
安易な気持ちで始めると失敗に終わることが多いのも事実。
私はそういう人を多くみてきました。

ここでは「失敗しないためには?」についてまとめてみました。

女性にとって、自宅サロンでの起業や開業は人気!

エステサロンやネイルサロンで働いていていずれは独立を夢みる女性や
資格をとって開業を夢見るOLや主婦の方もいるようです。

自宅サロンは、
自宅の一室からスタートできるため、初期投資がかからないのが大きな魅力です。
エステやネイル、アロマ、リラクゼーションなどで起業、開業は多いです。

サロン経営の数字、運転資金、見込み客、見込み客

自宅サロンは始めやすいけれど
基本的なこと=経営に必要な数字を把握しておかないと失敗します。

これからサロンを開業しようと考えているなら

  • 必要経費を書き出してみることl
  • 新規顧客・見込み客など集客をどうするか!
画像の説明

自宅サロンというのは外から見てもわかりづらいので
''オープン前からしっかり宣伝しておく必要があります。
''
開業前からSNSや口コミで宣伝して準備をしましょう。
地方の情報誌は掲載料が高いので
出来るだけ自分でできることはやったほうがいいです。

開業時はどうしても知人・友人・親戚を頼りがちですが
ここは頼らす新規のお客様に焦点をあてたほうがうまくいきやすいです。

お客さまが来てくれてはじめてお店が成り立ちます。
運転資金は3ヶ月分は準備しておきましょう。

ここまでざっくりですが基本的なことをまとめてみました。

私自身、サロンを経営していたころは
集客にお金がかかりました。

紙媒体だけで集客をしていたため宣伝費はかなりかかりました。
時には、宣伝費がかかりすぎてサロン運営が危うくなったことも(-_-;)

今では無料のブログやフェイスブックなど集客する手段はいくらでもありますよね。
欲を言えばITスキルを身に着けておけば集客にはかなり有利となります。

ネットワークビジネスの中でもサロン展開をしながら
拡散していく企業もあるようです。
アイビー化粧品ノエビア、YOSAなど・・・

私の知人は、上記にあげたネットワークビジネス
をサロン展開してましたが今はやっていません。

サロン展開、個人でやる場合は当たり前ですが資金もかかるし
ネットワークビジネスと言っても経営力も必要になってくるようです。

650-200

知ってほしいこと