化粧直しを上手くするコツ

どんなに念入りにお化粧しても時間が経てば崩れてしまいます。

化粧崩れはすっぴんの顔より汚くみえてしまいますよね。

崩れた上からファンデーションをのせると

ファンデーションがムラムラになってさらに崩れた状態に(>_<)

画像の説明

化粧直しには乳液がおススメ

きれいにお化粧直しをするのは乳液の使用がおススメです!

サンプルでもらったもらった物や携帯用の容器に乳液を入れて

ポーチに入れておけば出先でも手軽にお化粧直しがきれいにできます。

乳液には油分が含まれているので、時間の経ったファンデーションや
アイメイクまでスルッときれいに落とすことができます♪
油の力を利用して油をとるというわけです^^



乳液を含ませた綿棒やコットン(ティッシュ)で崩れたメイクをとります。
乳液の適度な油分が汚れた肌の皮脂とファンデーションを
落としながらうるおいを残してままになるのでその上から
パウダーファンデーションをササッと塗れば保湿もされて
メイクしたてのようなきれいな仕上がりになります。


化粧直しにクレンジング液を使わない理由

クレンジング液でお化粧直しをすると乾燥してしまいます。
大切な油分まで取り除いてしまうため、とった後の肌は
乾燥してカピカピ状態になることがあるので注意したいですね(-_-;)


保湿効果の高いクリームやジェル系

保湿効果の高いクリームやジェル系乳液は

寝る前のお手入れには最適です!

ですが、ファンデーションとの相性を考えると・・・

クリームは質感が重くてべたつく。
ジェル系乳液は肌に膜を張るため時間とともにボロボロになりやすい。



それに比べて
乳液は油分補給をしてくれる化粧下地の代表選手^^
化粧ポーチの中には欠かせない必須アイテムですね。
これさえあればお化粧直しも完璧です(*^^)v