中医美容で美と健康をゲット♪

650-200


冷え性、女性ホルモン、むくみ、肩こり、ゆがみ・・・など
40代以降はさまざまな不調、トラブルがでやすくなってきます。

美肌を目指して体も健康に♪

楊さちこ先生から教わる「中医美容」では
良いことも悪いことも女性の変化は7の倍数で起きるそうです。

美容の基本は体が健康であってこそ成り立つもの。
日頃のケアは大事ですよね。

中医美容とは?

数千年前の歴史を持つ中医学(中国伝統医学)の
理論・方法を美肌作りに応用したもので
今、美容に関心ある女性たちから注目を集めている美容法の一つ。

「肌は内臓を写す鏡」という考えから内面からも健康的な
美を追及しているものです。

【7の倍数で変化する女性の腎周期】

中医美容では五臓や気・血・津液の不調が皮膚おトラブルに
つながるとされていますが、特に腎の働きが人体の成長と老化に
深く関係していると言います。

女性における腎周期は7の倍数であり、
体や肌の状態も7の倍数で変化するとされています。

7歳:永久歯が生え髪の毛が伸びる速度が速くなる
14歳:生理が始まる
21歳:女性としての成熟期が始まる
28歳:身体機能や性機能がピークを迎える
35歳:肌や髪の毛が衰え始める
42歳:顔がやつれ白髪が増える
49歳:閉経が近づき妊娠能力を失う

画像の説明

中医美容 ・体内外からケア

中医美容では、皮膚は血管と経絡を通じて
五臓(肝・心・脾・肺・腎)とつながっており
「気・血・津液(水)」が美肌を保つ源と
考えられています。そのため、
個人の体質に合わせたケアを体内外から行います。

中医美容における理想の美肌は
「潤い」「ツヤ」「なめらかさ」「弾力」「血色の良さ」
の6つの要素が詰まった肌です。
食養生やマッサージ、パックなど自分にあった
美容法で美しい肌を目指していきましょう♪

肌トラブルと気・血・津液・五臓の関係

シワ・たるみ・白髪・脱毛が現れる気、血、津液が不足しているコラーゲンの生成や肌の代謝に関係し内分泌系を司る腎の働き低下
肌の潤いが不足、シワができやすい血、津液の不足。体表のバリア機能に関係し血液や水分を全身に巡らせる杯の働きが低下
肌にハリがない、むくみ、目の下のたるみ、唇が荒れる気・血、津液が不足。栄養分を吸収し気・血の生成に関係する脾の働きが低下
肌にツヤがない、血色が悪い気(パワーと代謝力)血(栄養と滋潤)が不足。血液の巡りを司る心の動きが低下
爪が割れる、くすみ、シミ、吹き出物がある気と血の滞り。また、自律神経の働きを司る肝の働きが乱れている



画像の説明

画像の説明



食べる物で体は作られています。
質の良い食事や体を冷やさない生活習慣など
バランスが大切ですね。
マッサージなども取り入れたり
自分にあった方法でいつまでも
綺麗に健康に歳を重ねていきたいものです♪
画像の説明


seikyu-rousok.png