プロフィール

プロフィール

平塚 直美

5月29日生まれ
愛知県在住の50代

30代で起業し、世間では成功者と言われた時期もありました。
ところが、50歳を目前に無職となり...
本当、人生、何があるかわかりません

過去に経験したお仕事から現在に至るまで

20代は医療関係、30代はキッズパソコン教室運営、
40歳を過ぎてから美と健康のリラクゼーションサロンの運営。


教室運営では全国でもトップレベルまで成績が上がり、
サロン運営では繁盛店にまで成長しました。

事業をやっていると、いい時もあればそうでない時もあり・・・
事が起きるたびに勉強させて頂いたんだと振り返ってみるとそう思います。


自己啓発プログラム、経営塾、起業塾など・・
投資した金額は300万を軽く超えています!


スタッフを雇うことで、雇う側と雇われる側の考えや意識が違うということ
「人」の大切さを実践をもって学ぶこともできました。


キッズ教室はたくさんの生徒さんに通っていただいてましたが
40歳を過ぎたころ、大きな転機になるようなことが起こり
新たなスタートを切ろうと決意!

そのため、スタッフに権利譲渡し教室を手放したのです。

画像の説明

42歳の時、美容と健康のお店をオープン!
美容はもともと好きだったのでやりがいもあり楽しかったです。


営業力や、起業経験、どん底にいる時の心の持ち方や、
トラブルの対処法など、色々な経験をさせて頂きました。

そんな状況の中、家庭の事情で県外へ引っ越すことになるのです。

引っ越し続きとなり職を失った

今までずっと仕事をしてきた私が仕事がないというのは
本当につらいものでした。

今になって思うことですが
稼いでいた時の生活は派手だったように思います。

外車やブランドに身を包み、海外旅行etc・・・

仕事が失った後は、どんどん貯金が減っていき・・・
オークションで売ったりして支払にあててました。

それでも毎月の支払は追いつかず
家計もどんどん苦しくなってくるし
とてつもない不安でいっぱいでした。

これからどうしようか・・・?

パートの面接も受けました。
が、全て不採用(>_<)

あるところでは、

「経営者だった人は扱いにくい」
「ゼロからみんなとやっていけるのか?」

などと言われたり・・・

この歳になると、雇用されるのって厳しいなーと実感しました(-_-;)

ネットビジネス

そこで私は前々から気になっていた
ネットビジネスに目をつけたのです。

どこへ行こうがパソコン一台あれば
ビジネスが成り立つネットビジネス!

家賃や固定費がかからないし、やる気さえあれば年齢は関係ない。


「よし!ネットビジネスをやるぞ!」
とは言ってもどうやってやるの??

ネットビジネスの世界のことなんて全く知らない、わからない。

そこで私は
ネットビジネスを知るために「ネット塾」というものに入りました。
(いわゆる高額塾というもの)

「せどり」と「メルマガアフィリ」

せどりは在庫を抱えるリスク、メルマガアフィリは

多くの作業と高度なスキルが必要で挫折。

どれもこれも利益どころか出費ばかり(-_-;)
ここでかなりの金額を投資しましたね。

それでも場所を選ばない在宅で出来る仕事を
どうしても諦めきれなかったのです。

そこでまたパソコンをパチパチ打ちながら検索してたどり着いたHP。

ネットワークビジネスをインターネットで普及させるHPだったのです。


私は「これだ!」と直感しました。

ネットワークビジネスは資金もかからないので
参加しやすいけどイメージが悪いので口コミは厳しい。

私は、ネットワークビジネスの経験はあるので
口コミの厳しさはわかっていたからこそ
「インターネットでできるのであれば!」という思いがありましたね。

サロン

サロンをやっていた頃に話を戻しますが
人気商品がハーブ蒸しだったんです
一番いい時期で1か月210回転していました。

サロン業務は楽しかったけど、
いわゆる「勧誘』が嫌だったんですよね。

ネットワークビジネスというと口コミで拡散させていくという
イメージが強く親戚や知人を誘うという行動、
リストアップして声がけ、セミナー参加。

それに、上からの圧力。

・・・疲れました(-_-;)


ネットワークビジネスって本当は画期的なシステムなんです。
ねずみ講でも何でもない。
ただ本当のシステムを知らないだけ。

そして、ネットワークビジネスをしている人にもよるんですよね。
誤解を招くような活動をしているとイメージが悪くなる。

私は今、インターネットとネットワークビジネスを融合させた
画期的なビジネスをしています。

画像の説明



人生何があるかわかりません。
今の時代は国に頼っていると大変なことになりかねませんよね。
自分のことは自分で守っていかなければと思います。

女性も自立できる時代

個人が稼げる時代です。
女性が活躍できる時代です。

この画期的なビジネスモデルで私と一緒に自立した女性を目指しませんか?

経済的にも精神的にもゆとりある人生を送るために

今から準備していきましょう♪


画像の説明

画像の説明