画像の説明

フリーランス(個人事業主)の年金はどうなるの?

今は生活に困ってないから、と将来設計を立てていないと、あなたの老後の生活は今よりも困難を極める事になるのかもしれません。

もちろん、みなさん状況が違いますので一概には言えませんが。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」平成28年度>によりますと、生活設計を立てている人は全体の約38%、立てていない人は約55%、そして分からない人が約7%という結果になったそうです。

フリーランス(個人事業主)の方は国民年金のみです。

会社員の方は国民年金+厚生年金、そして公務員の方は国民年金+共済年金という形になり、個人事業主の方は国民年金+○○○が必要になってきます。

予め調べている方は国民年金基金に加入したり、小規模企業共済に入ったり、民間の保険会社の個人年金商品に加入したりと老後の生活を視野に入れてマネジメントしていくわけですが、、、

こういった事はこちらから聞かないと役所の方からも教えてもらえなかったりする訳で、何だか納得いくような納得いかないようなもどかしい気持ちになってしまいますよね(~_~;)

ですが、「もう、お役所に頼ってなんかいられない!」と感じた人というのは既に行動に起こしているわけです^^

つまり年金に変わるストック型収入になるようなお仕事を始めていたり。

とはいえ、今すぐお金になるような怪しいものには
手を出さないようにして下さいね(^▽^;

一人では難しいこともチームであれば負担は半分、そのまた半分になります。

人は一人では生きられませんから。
ピンときた方は気軽に私共にご相談くださいね(^^)

今は、無料でインターネットを学びながら収入も得ています。

花束

650-200

★知ってほしいこと♪
知ってほしいこと

在宅ワーク