画像の説明

【究極のビックデータビジネス<ワールド>】

ビックデータという言葉をご存知ですか?
人々から少しずつデータを収集して

そのデータを大企業に売ることができ
その対価をまた個人に返してもらえるという
ビックデータビジネス

Facebook、インスタグラムなどの
個人の電話番号やメールアドレスのデータに始まり

今はレシートキャッシュバックなど
流通データのビックデータも

経済の発展に貢献するビジネスとして注目されます

''そして、ワールドが提供する
ビックデータビジネスとは・・・?''

こちらのウェアラブル端末で収集する
個人のデータ▽
https://youtu.be/FvM37JUAC4c

このビックデータを持ってナスダックで上場し
投資家が集まり

データとお金の両方が自由に使えるようになります。

そのおかげで医療にずいぶん貢献するでしょう。

それは社会貢献のみではありません。
利用者本人にも多大な有益をもたらすでしょう。

ライフログ=自分のデータがパソコン上でみられて
全てのデータが上がってくるのです

これをグラフ化して、傾向を見ていく
予測し、自分の健康管理にも役立ちます。

このデータは、病院にかかったときにも
日常のすべてのデータをもとに投薬や
治療が考えられるようになります

このデータはすなわち電子カルテです

ワールドが社会に貢献するのは医療面だけではありません
まだまだ可能性を秘めていることが

まだ商品が開発されていない現時点でも
すでに分かっているのです(*^^*)

''本当に、ワクワクするしこんな事業に
自分が関わってるなんて夢のようです☆''

▽オンライン説明会に参加してみませんか??
http://wgn-support.com/lp/special

今は、無料でインターネットを学びながら収入も得ています。

花束

650-200

★知ってほしいこと♪
知ってほしいこと

在宅ワーク